もしも住宅ローンを利用することになったら、完済まで無理なく行えるかをじっくり検討してから借りることが重要です。住宅ローンを事前に試算しておく場合、考えておくべきことは何でしょう。住宅ローンは、基本的には一般のローンと一緒ですが、頭金や、手数料などの問題があります。住宅ローンを組む時に保証料が必要となることが、住宅ローンの大きな特徴であると言われています。予定どおりの返済をせずに、早め早めに返していたり、他のローンとの借りかえをすると、保証料は戻されます。保証料の一部は、30年ローンを15年で前倒し返済したという場合などに、金融会社から、申し込み者へ支払われます。ただし、住宅ローンの保証料は、全額返済時にそっくり戻ってくるものではありません。返済残高に対して、保証料を支払っていた形になるからです。この他、住宅ローンの融資を受ける時にかかる費用は保証料の他にもたくさんあり、これらも考慮に入れる必要があります。諸費用がいくらになるかも、住宅ローンの資産をする時には必要な数字になります。住宅ローンの申し込み手続きを行う時に諸費用が加算されます。これは返済が終わるまで金利がつきますので、最終経費はより高くなっています。ローンの試算をする時には、金融機関ごとに違っている諸経費についても、考慮に入れておいてください。住宅ローンの場合は、予定よりずっと早く返済が終わると、諸費用の返還などがありえますので、じっくり考えることです。